長い間パソコンを使用しない時には…

パソコンなどに内蔵されている「バッテリー」は消耗品です。

バッテリーパックを長持ちさせるためにも、1か月に1回くらいはパソコン本体をコンセントに接続し、50%程度の充電をしましょう。

長期休みの際など、パソコンの電源がオフでパソコンを使わないまま放置していても、パソコン内部の回路で電力を消費したり、バッテリーが自己放電をすることで少しづつ自然に放電し続けたりしています。放電が進むと、過放電を防止するための保護機能が働き、バッテリーの機能が停止したり、バッテリー自体が異常状態になったりする場合があります。

この状態になると、バッテリーとして機能しなくなり、パソコン本体を電源に接続しても充電せず、バッテリー駆動もできなくなってしまいます。そうなってしまうと、正常にパソコンを使用するためにはバッテリーパックを交換する必要が出てきます。

【 注意 】
なお、バッテリーパックは消耗品のため、PC保証対象外にてバッテリーパックの交換は【 有償 】となります。

.